LINEをはじめとするSNS利用が無料になるメリットがあるLINEモバイル。特にどのような人が利用するとお得なのでしょうか?LINEモバイルのサービス内容から、利用に向いているユーザー層をご紹介します。

LINEモバイルを利用すべき人とは?

LINEモバイルのサービス内容をよく見ると、向いている人の特徴がいくつか浮かび上がってきます。これからご説明するユーザー像に自分が当てはまっている場合は、特にLINEモバイルの利用に向いている可能性が高いですよ!

普段からLINEの利用が主でスマホ料金を節約したい人

LINEモバイル 節約

LINEモバイルの最大のメリットはLINEの利用がほぼ使い放題になること。LINE利用の大部分は高速通信データ容量にカウントされませんので、容量を節約することが可能です。

しかしながらスタンプやメッセージの投稿・閲覧くらいではそれほど容量は消費しません。

恩恵を特に受けられるのは、LINE通話やビデオ通話など、通信料がかさむ利用方法のヘビーユーザーです。

また、普段からスマホではLINEぐらいしか利用しないライトユーザーの人は、特にLINEフリープランを選択すべきでしょう。データ通信SIMを選べば月額たったの500円です。データ容量は1GBしかありませんが、スマホでネットや動画を見たりゲームをしたりすることもないなら、1GBでもほとんど困ることはありません。

LINEヘビーユーザーのお子さんを持つ親御さん

ラインモバイル 親子

近年ではお子さんがLINEで友達とやり取りをするのは当たり前の光景になりました。日常的にLINEでやり取りをするでしょうから、LINEでのデータ消費がかなり多いこともあるでしょう。LINEがないとコミュニケーションを取りづらく、人間関係に影響することもあるかもしれません。

また、最近では保護者間でもLINEのグループトークを利用してやり取りすることも増えているようです。お子さんも自分もLINEを相当利用している、または今後利用が増えそうという場合、LINEモバイルを検討する価値があるのではないでしょうか。

LINE以外のSNSも頻繁に利用する人

ラインモバイル SNS

Twitter、FaceBook、Instagramのヘビーユーザーは、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランがおすすめです。LINEに加え、この3つのSNSもカウントフリー対象になるため、高速データ通信量にカウントされません。

画像や動画の投稿はデータ通信量が増えることが多いため、頻繁に投稿する人にとっては嬉しいサービス内容です。

→ 「お得なプラン」や「カウントフリー」については当サイトTOPページに記載

あまり向いていないユーザー

LINEモバイルにあまり向いていないユーザーは、普段WIFI環境のない状況で、オンラインゲームを長時間したり、youtubeなどの動画を大量に視聴するユーザーです。そのようなユーザーにとっては、LINEモバイルはあまりお得ではないかもしれません。

いくら人気がある格安SIMサービスであっても、それぞれの利用環境に適していなければ、とてももったいない事だと思います。

LINEモバイルが狙うユーザー層

LINEモバイルは、LINEをはじめとするSNSを普段から頻繁に利用するユーザーに狙いを定めております。学生さんや、その親御さんはLINEの利用頻度が高いでしょうから、LINEモバイルを検討する価値は十分にあります。

以下、日本経済新聞の記事より抜粋した画像です。

ラインモバイル 日経新聞オンライン

LINEモバイル自身が事業立ち上げの際の公式会見の場において、「ファミリー層」に向けてサービスを展開してきたいことを名言しております。

その点を考えますと、学生さん、親御さんだけでなく「Line、Twitter、FaceBook、Instagram」などのSNSのヘビーユーザーにはぴったりのサービスですので、当サイトでも自信を持っておすすめしております!

LINEモバイル ボタン